北陸銀行住宅ローン

北陸銀行住宅ローンの金利タイプは?

こちらでは、

 

北陸銀行の住宅ローンのローン金利タイプについてご紹介したいと思います。北陸銀行が提供している住宅ローンの金利タイプは大きく分けて、下記の3種類です。

 

 

 

1 変動金利型

 

変動金利型では、毎年2回(4月1日、10月1日)に、北陸銀行の新長期プライムレート(5年以上)を基準に金利の見直しを行います。

 

見直された金利は見直しを行った3ヶ月後の7月と翌年1月から変更されます。

 

 

変動金利型の元利返済額の見直しは5年ごととなっています。

 

見直しが行われるまでの期間については、金利の引き上げや引き下げがあっても、月々の返済額は変わらずに、返済額の中の元金と利息の内訳のみが調整されます。

 

見直しを行うと、金利の変動に伴って、返済額が増えたり減ったりすることになりますが、返済額が増加する場合には、変更前の1.25倍を上限とします。

 

返済額が減額される場合の制限はありません。

 

 

しかし、5年ごとの見直しが行われるまでに大きい金利変動があったり、返済額変動後に1.25倍の制限に引っかかったりした場合などには、月々の返済を行なっても、利息の支払いに満たない、未払い利息が発生する可能性があります。

 

その場合、最終返済回には、すべての元金及び未払い利息を一括して返済しなければなりませんので、注意が必要です。

 

 

なお、変動金利型を選択している場合には、他の金利タイプへいつでも移行することができます。

 

 

2 固定金利特約型

 

北陸銀行では、固定金利特約型として、金利の固定期間を2年,3年,5年,10年から選択することができます。

 

金利固定期間は、経済状況によって基準金利が変動していたとしても、一定の金利になり変化することはありません。

 

また、金利固定期間内は、他の金利タイプへ移行することはできません。

 

特約期間が終了した場合には、固定金利特約型を改めて選択することもできますし、変動金利型へ移行することも可能です。

 

 

3 上限金利特約型

 

北陸銀行では、上限金利特約型と呼ばれる金利タイプを提供しています。

 

上限金利特約型とは、基本的には変動金利型と同じように、年2回の金利見直しを行いますが、金利が急激に上昇した場合に備えて、予め設定されている金利を上限として、実際に適用される金利が制限されるという特徴を持っています。

 

 

この金利タイプは、一般的なものではなく、北陸銀行を始めとして限られた金融機関でしか提供されていません。

 

金利の上限が設定されていることにより、金利が急激に上昇した場合にも、ある一定の限度額を越えませんので、金利上昇に対して、ある程度のリスクヘッジを行うことができます。

 

 

なお、北陸銀行では、長期固定金利型を選択することはできません。

 

そのかわり、住宅金融支援機構と提携して提供しているフラット35を利用すれば、最長35年間の長期固定金利を選択することができます。


北陸銀行住宅ローンの金利タイプは?

住宅ローン金利安い銀行は?変動・固定比較【低金利ランキング】
住宅ローン金利の安い銀行を比較して一番お得な商品をご案内します。金利比較の他、諸費用やサービス内容の比較もどうぞ。
銀行選びで迷ったらまずは金利を比較するのが基本ですよね。金利が安い銀行は手数料や繰上げ返済などほかの条件もよいことが多いのは間違いないことです。住宅ローン金利を比較したい場合におすすめします。
www.jyutakukinriyasuiranking.com/