北陸銀行住宅ローン

北陸銀行住宅ローンを組むのにかかる諸費用はどのくらい?

こちらでは、

 

北陸銀行の住宅ローンにかかる諸費用についてみてみましょう。

 

 

北陸銀行では、様々な住宅ローンを提供しています。

 

 

それぞれのWEBサイトから、「ローンシミュレーション」と書かれたボタンを押すと、色々な住宅ローンで必要となる返済額や諸費用のシミュレーションを行うことができます。

 

このシミュレーションサイトを利用して、北陸銀行の住宅ローンで必要となる諸費用を見積もってみたいと思います。

 

 

シミュレーションを行うには、借入金額、ボーナス返済分、借入期間、金利の各項目を入力します。

 

モデルケースとして、

借り入れ金額3000万円、ボーナス返済なし、返済期間35年

                                                  とします。

 

金利については、変動金利型として、最も金利優遇措置を受けた状態を選びました。

 

シミュレーション結果は下記の通りです。

 

矢印

 

1 保証料

 

北陸銀行の住宅ローンでは、北陸保証サービスによる保証を受けなければなりません。北陸保証サービスに対して住宅ローンの保証料を支払わななければなりません。保証料は、借り入れ金額や返済期間などによって変わります。

 

また、住宅ローンのタイプによっても変動します。

 

 

一般方式の住宅ローンの場合、保証料は113万5290円となりました。

 

また、夢ホームや夢ホームプレミアムを選択した場合は75万6630円となります。

 

同じ金額を借り入れて、同じ返済期間であっても、40万円近く保証料が違うことになります。

 

 

一方、夢ホームAでは、保証料を一括前払いせず、月々の住宅ローンの返済に付加して支払うことになります。

 

その場合、諸費用として支払う金額は当然ゼロになりますが、住宅ローン金利が0.2%増えます。

 

2012年10月現在の変動金利(金利優遇措置を最も受けた場合)でシミュレーションすると、ローン支払い中の金利が変動しなかった場合に、通常の夢ホームの総支払額が3966万8160円となりました。

 

夢ホームAの総支払額は4093万5300円になりますので、通常の夢ホームとの総支払額との差は126万7140円です。

 

この差が夢ホームAの保証料の支払い分に相当しますが、夢ホームの前払い保証料に比べて、かなり大きな額になります。

 

 

2 取り扱い手数料

 

北陸銀行へ、住宅ローンに関する取り扱い事務手数料を支払わなければなりません。金額はどのタイプの住宅ローンでも3万1500円となっています。

 

 

3 印紙税

 

住宅ローンを組むためには、金銭消費貸借契約書という契約書を取り交わす必要がありますが、ローン金額に応じて、印紙税を納税しなければなりません。

 

ローン金額が1000万円から5000万円の場合には、印紙税額は2万円となっています。

 

 

4 登録免許税

 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に、登記を行います。この時に登録免許税を支払う必要があります。

 

北陸銀行のシミュレーションでは、登録免許税として12万円が必要だと見積もられています。

 

 

これらの諸費用を合計すると、モデルケースの場合、

 

夢ホームAの場合17万1500円、夢ホームと夢ホームプレミアムの場合92万81300円、一般方式の場合130万6790円程度となりました。